麻布皮フ科クリニック
男女受付

受付1

最新の口コミ

シワ・たるみ

 5

コチラのクリニックに来てからほうれい線が...

総合満足度:5.0

口コミ:1件
施術例:0件

お気に入りに追加
地域 東京都 / 港区 診療・受付時間
サービス

ご予約・お問い合わせはこちら

0120-890-992

ニキビや赤ら顔に効果的なPDT(フォトダイナミックセラピー)治療

この記事は、麻布皮フ科クリニック川嶋 千朗先生が書きました。

PDT治療(フォトダイナミックセラピー)とは?

様々な肌トラブルの改善や、肌の若返りにも効果的とされるPDT治療(フォトダイナミックセラピー)は、アミノレブリン酸という光感受性を高める特殊な薬を塗布し、従来より効率よく光治療(フォトフェイシャル/Vビーム)の効果を高める2ステップの治療法です。

また、アミノレブリン酸は選択的に皮脂腺に吸収されるため、皮脂腺の光治療の効果を高めニキビ、ニキビ跡を改善させ、効果も長く続きます。

にきび1

PDT治療の効果について

PDT治療の効果は幅広く、ニキビ、ニキビ跡、老人性脂腺増殖症、脂性肌、赤ら顔、血管拡張、日光角化症、ボーエン病、基底細胞癌、基底細胞上皮腫、角化症などを改善すると共に、お肌の若返りにも効果的です。

ニキビ治療に効果的!

特にニキビ治療には効果的で、従来のニキビ治療である(ケミカルピーリングや種々の外用薬、内服薬、光治療)で改善しにくかった治療抵抗性のニキビでお悩みの方におすすめです。皮脂腺に吸収されたアミノレブリン酸がポルフィリンという物質を作ります。

IPL(フォトフェイシャル)の光がポルフィリンに反応して皮脂腺のみを破壊し、さらにニキビの原因でもあるアクネ菌がアミノレブリン酸を吸収。ポルフィリンを増やし、光と反応するため、アクネ菌も除去します。この相乗効果の結果として、皮脂分泌を減少させ、又、アクネ菌も減らしてニキビの出来にくい肌質に変えます。

腫瘍細胞や腫瘍組織内の新生血管の内皮細胞内に取り込まれた光感受性物質は、レーザー光が照射されることにより、活性酸素を発生させます。この活性酸素により、腫瘍細胞や組織が傷害を受けて腫瘍が消失すると考えられています。

PDT治療の流れ

カウンセリング 2

【STEP1】
はじめにカウンセリングを受けていただきます。

【STEP2】
アミノレブリン酸をお顔全体、又は、治療部位に塗布し
1時間~2時間ほどかけてよく浸透させます。

【STEP3】
光を照射します。                

【STEP4】
クーリングをおこないます。       

【STEP5】
治療直後よりお化粧できます。治療後は、数日間の赤みや腫れが伴います。

【STEP6】
治療後の数日間は強い紫外線を徹底的に避ける必要があります。

前の記事へ 次の記事へ
©2019 トビモア