もう悩まない!男の美活を応援するメンズビューティートーク

  • 総口コミ数:1,624件
  • 掲載医院数:3,489件

見た目以上に気になる顔のホクロやシミをキレイに除去する方法

2019/03/08 ほくろ・いぼ

年齢に関わらず顔に出来たホクロやシミは非常に気になる存在で、いつの間に出現しており時間と共に大きくなる事もあり 人の目も気になる物です。中には悪性の物でガンの原因となる事もあるそうです。

代表的な物はホクロとイボとシミ

身体(特に顔)にできて困る物がホクロとイボとシミであり、多少のホクロであれば逆に特徴としてメリットがある場合もありますが、 数が多い場合や大きい場合は邪魔な存在でしかなくコンプレックスとなる方も少なくありません。中には悪性の物も存在しており、見た目だけではなく 健康被害に繋がる物も存在しています。

そもそもホクロとは

医学的には色素性母斑と呼ばれ母斑細胞と呼ばれる細胞のかたまりとなります。 色も様々であり一般的な黒い物から褐色や茶色など一見ホクロとはわからない物まで存在しています。 形も丸い物から平ぺったい物や隆起してイボのようになった物、面積が非常に広くなったものなど 見た目大きさは様々です。

シミの一つ脂漏性角化症

皮膚の老化により発生しやすくなる物であり、お年寄りの肌によく見られる黒いシミのような物です。 特に顔などに多く見られ小さな物から大きな物まで色や形も様々です。見た目的には非常に目立つ物であり、 厚みがある場合もありますのでイボみたいな外見になる事もありますので除去する人も多くなっています。

ホクロの除去は炭酸レーザーが効果的!?施術の流れ

ホクロやシミを除去する方法

CO2炭酸ガスレーザーで除去する

ホクロ除去のメインとなる手法で専用の炭酸ガスレーザーを照射する事によりホクロやシミを除去する事が可能で、 1200℃にも及ぶ高温で皮膚深部に及んでいる事が多いホクロもみるみる内に黒ずみと一緒に落とす事が可能です。 個人差にもよりますが、大きさによっては一日で終わる事もあります。

液体窒素でイボを除去する

ジェット噴射式の液体窒素を用いてイボの箇所にピンポイントで液体窒素を噴射する事で、ウイルスをイボごと瞬時に凍らせ イボの除去が可能となります。従来の液体窒素治療よりも痛みが少なくより効果的にイボの除去が可能です。

レーザーでシミを除去する

一言でシミと言っても様々な種類がありますが、メインとなるのがレーザー機器を用いてシミを除去する方法です。 YAGレーザーと呼ばれる機器を用いて濃いシミや薄いシミでも他の肌を傷つける事なくピンポイントで治療が可能となります。 コラーゲンの分泌を施したり皮脂の分泌を抑える事も出来ますので美肌効果のアップにも期待が出来ますが、欠点として レーザーにより一時的に肌が赤くなりますので、アフターケアには注意が必要です。

ホクロはなぜ出来るのか?

ホクロの数は個人差があり、全くない人もいれば異常に多い方もいます。今まで全く無かったのにいつの間にか増えていたり 大きくなっていたりという事もあります。まるで生き物のように増殖するホクロは何故出来るのか原因は多数に及びます。

生まれつきの先天性の物

生まれつきと言ってしまえばどんな状況も考えられますが要はDNAにホクロが出来やすいと刻まれています。 当然、回避も予測も不可能で生まれてきて初めてホクロが多いという事がわかります。子供の頃からあるホクロはこの世に誕生する前から そこにあるべきと運命付けれられていたのかもしれません。

紫外線による影響

紫外線により肌が影響を受けホクロが増殖する可能性があります。当然これらは後天性であり生まれつきあるホクロとは一切異なります。 メラノサイトと呼ばれる物が肌に付着しホクロの原因となるばかりかシミやそばかすの原因でもあります。歳を取る程ホクロはできやすくなりますので、 紫外線対策を行う事が美肌を保つ秘訣でもあります。

生活習慣の乱れ

ストレスとやホルモンバランスの乱れなどでもホクロは増える可能性があります。現代社会人にありがちな寝不足やストレス、 食生活の乱れなど、AGAやEDにも関連する事柄でもありますのでキチンとした食生活を送る事が重要です。

ホクロが不自然に増える場合は

ホクロが不自然に増殖したり広がり方が早かったりした場合は皮膚がんの可能性もあるそうです。 通称「悪性黒色腫」であり見た目には通常のホクロと変わらないですが、成長速度が異常となっています。 いずれにしろ素人判断は非常に危険ですので、上記のような症状が見られた場合は病院に診察に行きましょう。

このコラムを書いた人

Mr.MENS

美容コラムだけでなく、色々な情報も発信していきます。宜しくお願いします。

©2019 トビモア