もう悩まない!男の美活を応援するメンズビューティートーク

  • 総口コミ数:1,623件
  • 掲載医院数:3,489件

脱毛・除毛ができない部分がある!理由はリスクが高すぎるため?

2019/03/08 脱毛
脱毛・除毛ができない部分がある!理由はリスクが高すぎるため?

男女ともに人気があるレーザー脱毛、そして自宅で気軽にできる除毛クリーム。腕や足はもちろん、自分では手入れが難しい背中やデリケートゾーンの脱毛を、サロン・クリニックでしてもらえ、自分でサッとムダ毛処理をしたい人には除毛クリームでムダ毛を簡単に処理することができます。しかしこの2つの処理方法でも、実は脱毛・除毛ができない部位もあるのです。

脱毛・除毛ができない部分とは?

まずは、脱毛と除毛ができない部位から紹介していきます。脱毛できない部位は主に、眉毛・眉下から、うなじ(毛髪)・鼻毛などがレーザー脱毛ができない部位となっており、除毛できない部位VIO(デリケートゾーン)・眉毛・眉下、そして脱毛と同じく毛髪も除毛ができないのです。

それでは、なぜその部位の脱毛や除毛ができないのでしょうか。まずは脱毛ができない理由について説明していきます。

脱毛ができない理由

脱毛ができない理由

脱毛ができない部位を下記にまとめたので、そちらを御覧ください。

脱毛できない理由
  • 眉毛・眉下部位
  • 目元の皮膚は薄く、刺激を強く受けてしまい、炎症や場合に万が一、光が目に入ってしまうと失明の危険性があるため、目の周りの脱毛ができません。

  • うなじ(毛髪)
  • 実は、脱毛ができないこともない部位なのですが、こちらも照射すると強く反応しすぎてしまうため、炎症や色素沈着など肌トラブルにつながってしまうのです。

  • 鼻毛
  • レーザー脱毛やニードル脱毛ができ、ブラジリアンワックスなどで、鼻毛脱毛ができます。しかし鼻毛の脱毛は様々なリスクがあるのです。そもそも鼻毛は異物・ほこり・微生物などが身体の奥まで入り込まないようにする役割があります。それをなくしてしまうと、ウイルスの侵入を簡単に許してしまい、病気にかかりやすくなるのです。よって、鼻毛の脱毛はしない方がいいですね。

脱毛以外の処理方法

以上が、脱毛できない理由です。できる脱毛部位もありましたが、リスクが高く、場合によっては健康状態にも異常がみられる場合があるので、あまりおすすめできません。それでも、ムダ毛を処理したい、または整えるだけでもしたいという人はいるでしょう。

その場合は、眉毛や目元のムダ毛はシェーバーで整えた方がいいと思います。脱毛してしまうと、もう生えてこないので今後後悔しないようにするならば、定期的な手入れがいいでしょう。うなじを整えるならば自分では無理なので、床屋さんや理容室でシェービングがおすすめです

うなじも定期的な処理が必要になってきますが、うなじはそもそも毛髪なので、髪の毛が伸びてきたらカットと一緒に整えるのが一番だと思います。

鼻毛は抜いたりしてしまうと、毛嚢炎や毛穴から雑菌が入る原因になるので、ミニばさみを使う場合は鼻毛用のものを使用するか、電動鼻毛カッターで整えましょう

また、自分ではどうしても処理できないという場合は、メンズリゼなどがエチケット脱毛として鼻毛脱毛を行っています。鼻の奥まで脱毛することはできませんが、そこの鼻毛が残るため、ほこりやウイルスなどからガードする機能は失われないとのことです。気になる人は一度相談してみましょう。

除毛ができない理由

除毛ができない理由

除毛ができない部位を下記にまとめたので、そちらを御覧ください。

除毛できない理由
  • 眉毛・眉下部位
  • 顔の皮膚が薄い顔はとても敏感です。そのため、毛や肌に含まれるタンパク質を溶かす成分を持っている除毛クリームを使用すると、肌荒れなどの肌トラブルを起こす場合があります。また、誤って目や口に入る可能性もあるので、ほとんどの除毛クリームに顔に使用しないでくださいとの注意書きがしてあるのです。

  • うなじ(毛髪)
  • 塗るって除毛するお手軽な方法なのですが、自分ではうなじは見えないので難しいでしょう。誰かに手伝ってもらい除毛をするというのもあまりおすすめできません。万が一、処理したい範囲以外に除毛クリームがついてしまうと、その部分まで除毛されてしまい、また左右のうなじの形を綺麗にそろえて除毛するのは難しいと言えます。

  • VIO(デリケートゾーン)
  • VIO(デリケートゾーン)に除毛クリームを使用すると、ヒリヒリと痛みが出たり、肌に合わない場合は腫れたり、赤くなることがあるのです。また自分で除毛する部位としては難しいので、クリニックや脱毛サロンでプロに任せた方がいいでしょう

▼番外編:顔で除毛できないのは眉毛や眉下だけではありません。男性の多くがもっとも除毛したであろうにも、使用しない方がいいです。管理人が試しにNULL除毛クリーム使用してみましたが、除毛後に肌が荒れました。その様子をまとめた記事がありますので、参考にしてください。
【画像あり】NULL除毛クリームで髭を除毛してみた

除毛以外の処理方法

眉や眉下の場合は、先程の脱毛できない理由と同じで、シェーバーを使用して整えていった方がいいでしょう。また、番外編として出した髭ですが、髭の場合はヒゲ脱毛ができるので、脱毛のプロにお任せがおすすめですね

うなじも、脱毛できなかった時の処理方法と同じです。除毛クリームでは綺麗に除毛できない可能性もあるので、床屋さんまたは理容室で整えましょう。そしてVIOですが、下半身になるので人に見られるのは恥ずかしいと思います。

しかし、メンズのVIO脱毛はほとんど男性スタッフが対応してくれますし、女性スタッフがいるクリニックでも男性に変わってくれるので、デリケートゾーンを女性スタッフに見られることはありません。それだけでも、かなり恥ずかしさが軽減されますよね。

以上が脱毛ができない部位と、その理由になります。どうしても気になる部位を脱毛したい、除毛したいという人は一度どのようにムダ毛の処理をしていいのか、脱毛サロンまたはクリニックに相談してみましょう。

メンズVIOの脱毛をする場合、全ての毛をなくすのは抵抗があるという人もいます。ゴリラクリニックでは、全ての毛をなくすこともできますし、毛量を調節することも可能ですよ。一度、担当医と相談してどのくらい量を減らすのかをよく相談して決めましょう。

このコラムを書いた人

Mr.MENS

美容コラムだけでなく、色々な情報も発信していきます。宜しくお願いします。

©2019 トビモア