N CLINIC《美容外科・美容皮膚科》
男女受付 クレジット可 医療ローン可 保険適用可

総合満足度:評価なし

口コミ:0件
施術例:0件

お気に入りに追加
地域 新潟県 / 新潟市中央区 診療・受付時間
サービス

ご予約・お問い合わせはこちら

0120-940-972
診療に関する備考
不定休

ワキガや多汗症を改善!クリニックで行う治療法を解説

この記事は、N CLINIC《美容外科・美容皮膚科》野村 裕先生が書きました。

NCLINICのワキガ治療

夏になると気になるワキ汗やワキの臭い。ニオイで特に独特の強い臭いを放つ体質や症状のことを「ワキガ」、汗が異常に多く出てしまう症状のことを「多汗症」と言います。

同じワキの悩みでも症状と原因は様々で、臭いが原因なのか汗の量が原因なのかは症状を見極めて治療法を選択する必要があります。人には話しにくいワキの臭いのお悩みも、一人で悩まずに一度当院にご相談ください。

ワキガのせんじょ法

せんじょ法とはワキの下を3~5cmほど切開し、皮下に存在するアポクリン汗腺を取り除く施術です。医師が目視で確認しながら取り除くため、ワキガ治療の中で最も効果が高い方法と言えるでしょう

軽度から重度のワキガまでがこの治療で改善することができ、重度の方の場合は保険を適用しての治療が可能です。また、せんじょ法はワキの汗が多い多汗症の方にも効果があります。

後ほど紹介いたしますが、せんじょ法と並んでもう一つのワキガ治療である吸引法と比べると、大きく切開を行うためダウンタイム長くなってしまいますが、効果はせんじょ法の方が高いです。

術後1週間ほどワキを閉じた状態でできるだけ安静に過ごして頂く必要があり、アポクリン汗腺を取り除く際に毛根も少し取り除かれる為、多少の脱毛効果があります。

ワキガの吸引法

吸引法とはワキの下を1~2cmほど切開し、臭いの元となるアポクリン汗腺を専用の管状の器具(吸引カニューレ)を用いて除去する方法です。管を挿入するだけで良いので傷口が小さく、傷跡はワキの皮膚のシワと重なるため、ほとんど目立ちません。

このように体への負担がとても少ない治療法ですが、においの原因を100%取り除くことは難しいため、軽度のワキガの治療に適しています。

もちろん手術をすることで、これまでよりもアポクリン汗腺が減るため、におい軽減の効果は確実に現れます。

手術後24時間はご自身で患部を圧迫を外していただきます。その後経過に特に問題なければ通院の必要はございません。およそ術後4~5日目より積極的に腕を動かして、普段の生活に戻していってください。

ワキガのボトックス注射

ボトックスは筋肉の収縮時に産出されるアセチルコリンという物質の動きをブロックする働きがあり、これによって筋肉の動きを抑制します。そのため筋肉によってできるシワの改善などに用いられています。

またボトックスは汗腺に作用し、汗腺の働きを弱めて汗の産生を抑制する効果があるため、ワキや手の平・足の裏の多汗症の治療にも使用します。

汗の量が減ることにより臭いも抑えることが出来るので、脇の汗シミを気にしている方にはオススメです。また治療時の痛みが心配な方は、オプションで表面麻酔を付けることができますので申し付けください。

前の記事へ
©2019 トビモア