もう悩まない!男の美活を応援するメンズビューティートーク

  • 総口コミ数:1,620件
  • 掲載医院数:3,489件
クリニック相談所

低い鼻を自力で高くできる?整形するならデメリットも知っておこう!

2019/05/02 鼻の整形
鼻を高くする方法

外国人の鼻は高く、鼻筋は前からも横から見てもスッと鼻筋が通っているのがよくわかります。一方、真逆の特徴を持っている日本人の鼻は低く、鼻先も丸いのが特徴としてあげられますが、それをコンプレックスに思っている人は多いです。

コンプレックスを解消するために、美容整形には鼻の整形があります。どんな施術しているのか見てみましょう。

鼻のコンプレックスを解消する施術とは

鼻のコンプレックス

外国人のような高く、スッと鼻筋が通った鼻に改善する施術方法と、メリットについて紹介します!

ヒアルロン酸注入で鼻を高くする

メスを使わない「ヒアルロン酸注入」は、鼻を高くする効果があるのと同時にスッとした鼻筋も期待ができます。ヒアルロン酸には柔らかいもの、硬いものと種類があり、鼻の整形に使われるのは硬いヒアルロン酸です。

硬いヒアルロン酸だと注入後に皮膚に押しつぶされることなくキープすることが可能で、注入する箇所は鼻の付け根から鼻先の手前までになります。なぜ鼻先まで注入しないのか、それは鼻先にヒアルロン酸を注入してもそれを支える骨がないからです。

また鼻先には皮脂腺や血管が多くあるため感染症を起こしやすく、鼻先は肉厚なのでヒアルロン酸を注入すると押しつぶされてしまいます。よってヒアルロン酸は鼻先に注入するのに向いていないのです。

ですが鼻を高く、そしてスッと通った鼻筋を求めている人やメスを使わない施術なので、その条件を求めている人に向いていると言えるでしょう。

この施術に向いている人
  • 鼻を高くしたい
  • スッとした鼻筋にしたい
  • 短時間で終わる施術を受けたい
  • メスを使わない施術を受けたい

半永久的に鼻を維持するならプロテーゼ

鼻を切開し、「プロテーゼ」を鼻筋に入れることで鼻を高くすることができます。プロテーゼは、シリコン素材でできた鼻に入れて高さを出すための医療道具です。鼻を高くする目的以外に、鼻筋もよくなるのでヒアルロン酸注入と似たような効果ですね。

しかしヒアルロン酸の場合、体内にいずれ吸収される為定期的に注入する必要があります。一方、プロテーゼは半永久的に維持されるので、何度もヒアルロン酸注入をしたくないという人に向いていますね。

この施術に向いている人
  • スッとした鼻筋にしたい
  • 鼻先まで綺麗にみせたい
  • 半永久的に鼻の高さを維持したい
  • 維持するために何度も通院したくない

プロテーゼには「I字型」「L字型」「中間型」と3つの型があり、その中から患者さんが希望する型を選んでもらいます。そして医師が手作業で、患者さんの鼻の状態に合わせ希望する型を製作していくのです。

プロテーゼの型
  • I字型:名のとおり「I」の形をしたプロテーゼ。鼻先に負担をかけないようにする時に使用される
  • L字型:こちらも名のとおりの形をしています。鼻先まで使用できるので、鼻を高くし、丸い鼻先も改善できます。鼻の状態によっては、鼻先に当たるため痛めてしまう可能性もあります。
  • 中間型:上記2つの型の中間。鼻先を痛めずに鼻先を出すことが出来るプロテーゼです。

プロテーゼの施術は傷跡が残る?

プロテーゼを入れるためにはメスを使用し鼻を切開しなければいけません。切開する施術で心配なのは傷跡ですよね。しかし、傷跡がほとんどわからない切開方法となっています。どんな方法なのか見てみましょう。

2つの切開方法
  • オープン法:鼻下の鼻柱部分を切開し皮膚を持ち上げプロテーゼを挿入する方法
  • クローズ法:鼻の穴の中を切開、そこからプロテーゼを挿入する方法

クローズ法だと鼻の中になるので外部から傷跡が見えることはないです。オープン法も鼻柱部分を切開するため、正面からでは傷跡がほとんどわかりません

即効性はあるけどデメリットもある鼻整形

鼻の整形のデメリット

デメリットがない施術はありません。施術方法のメリットと一緒に、デメリットについても知っておきましょう。

ヒアルロン酸注入の効果は長く維持できない

先程、プロテーゼとヒアルロン酸の効果が似ているという話をしました。そこで少し触れていたのですが、ヒアルロン酸はいずれ体内に吸収されてしまうため、長くは維持できません。

個人差もあると思いますが、6ヶ月~1年程度と言われています。よって、また鼻を高くするためにヒアルロン酸を注入し直さなければいけません。ですが、初めて鼻を整形する人は、まずヒアルロン酸から始めてみた方がいいと思います。

ヒアルロン酸を注入して鼻を高くしたら、どれくらい鼻が変わるのかがわかりやすいです。ヒアルロン酸が吸収されてしまった後、次は半永久的に維持ができるプロテーゼを入れるという人もいます。

半永久的に維持されるが、それがデメリットになることもある

半永久的に鼻が高く維持されるならプロテーゼがいいだろうという意見は多いと思います。何度も通院が必要なヒアルロン酸よりプロテーゼの方が良さそうだと思いますが、同時にデメリットでもあるのです。

プロテーゼは半永久的に維持できるということは、当たり前ですがその間ずっと鼻にはプロテーゼが入っている状態。そのプロテーゼを入れる医師の技術が重要となります。なぜなら、技術力があまり高くない医師の場合、プロテーゼがズレたり変形してしまうこともあるのです。

長期間、プロテーゼを鼻に入れておくということになるので、ズレたり変形することなく維持したいですよね。そのためには、技術がある医師を見つけることが重要でしょう。

自力で鼻の悩みが解消される?

鼻の悩み解消

施術ではなく、自力で鼻の悩みを解消することが可能です。しかしこの方法はすぐに効果が現れるものではなく、持続していくことで効果が現れます。

すぐに鼻を整形したい!という人には向いていませんが、施術費用が高くて今すぐに整形を受けられない。何もしないよりマシ、くらいの気持ちの方が持続するかもしれません。ぜひ参考にしてください。

鼻叩きで低い鼻を高くする方法とは?

喧嘩で顔を殴られ鼻が曲がった。なんて話聞きませんか?鼻はほとんどが軟骨で出来ているので、形が変わりやすいんです。もちろん普通に触っているだけでは変わりませんが、殴られたりと強い力が軟骨に加わることで形が変わってしまいます。

そこで紹介する鼻叩きは、軟骨の形が変わりやすいという特徴を利用した、自力で鼻を高くする方法なのです。もちろん、本気で殴ったりということはしません。

軽く拳を作り中指の第二関節を使って目と目の間を軽く叩き、位置を少しずつ下げ鼻の根元付近まで叩く、たったこれだけなんですが調べたところ大体500回ほど、1日置きで行うのがいいとのことです。

結構叩く回数が多いですね。しかしこの方法で鼻が高くなった人がいるようなので、効果がある方法なのでしょう。

低い鼻を高くする「ミヤビ法」とはどんな方法?

ミヤビ法は鼻を高くするマッサージ。先程紹介した鼻叩きより痛くなさそうですね。方法は以下の通りになります。

ミヤビ法
  • 鼻の骨の段差を、両手の人差し指の腹で力を込めて挟む
  • 力を抜き、真っ直ぐに前方向に持ち上げる。押し上げるようなイメージ
  • 両方の人指し指の力が均等になるように、1分間静止する

この方法も効果があったという人がいるようなので、やってみる価値はあるかもしれません。

三日坊主の人には向かない

自力で鼻を高くするには、とにかく継続していくことで効果が現れます。 よって、飽きやすい人、効果が出ないと途中で挫折してやめてしまう人には向かない方法です。 効果が現れるのも個人差なので、半年で変化が現れる人もいれば数年掛かる人もいます。 とにかく持続することが大事ですね。

このコラムを書いた人

Mr.MENS

美容コラムだけでなく、色々な情報も発信していきます。宜しくお願いします。

©2019 トビモア