もう悩まない!男の美活を応援するメンズビューティートーク

  • 総口コミ数:1,623件
  • 掲載医院数:3,489件
クリニック相談所

思春期ニキビの次は大人ニキビ?治療でニキビの改善と予防

ニキビの治療

誰もが一度は悩んだことがあるニキビ。とくに学生の頃にできる「思春期ニキビ」は、初めてできるニキビということもあり、気になってしょうがないですよね。大人になればニキビもできないのでは?と思ったことがありました。しかし、実は大人にもニキビができるのです。

名前もそのまま「大人ニキビ」というのですが、このニキビの主な原因は生活習慣の乱れが関係してきます。今、ニキビがあるという人は生活を見直した方がいいかもしれません!そして、ケアをしてニキビのない綺麗な肌を目指しましょう。

思春期ニキビと大人ニキビの違いとは

ニキビの種類の違い

まず、思春期ニキビと大人ニキビが具体的にどう違うのか見ていきましょう。どちらもニキビに変わりないのですが、ニキビを引き起こす原因が全然違います。

思春期ニキビの特徴

まずは誰でもできる思春期ニキビ。このニキビは主にホルモンバランスの変化が原因です。また、皮脂分泌が多くなり毛穴に皮脂がたまりやすいため、すぐに次のニキビができたりします。

とくに皮脂分泌が多いおでこ、鼻のいわゆるTゾーンと言われる部位と、広範囲な頬にニキビができやすいです。

思春期ニキビ
  • ホルモンバランスの変化
  • 皮脂分泌が多く、毛穴に皮脂がたまりやすい
  • おでこ、鼻(Tゾーン)、頬にニキビができやすい

大人ニキビの特徴

大人ニキビの場合は、乾燥やストレス、そして生活習慣の乱れによってニキビができます。さらに近年ではメンズメイクが注目されていますが、化粧品もニキビができる原因になるので、洗顔は忘れないようにしましょう。

大人ニキビは主にあご、フェイスライン、ここをUゾーンと言うのですが、そこにニキビができやすいです。洗顔をする時は、洗い残しがないように注意してください。

大人ニキビの原因
  • 生活習慣の乱れ
  • 乾燥肌、ストレス
  • あご、フェイスライン(Uゾーン)にニキビができやすい

ニキビ(跡)の治療方法

ニキビの治療方法

大人ニキビはなくても、ニキビ跡が未だに残ってる場合もありますよね。治りにくいニキビ跡ですが、美容医療ではニキビやニキビ跡を治療で改善することができます。昔のニキビ跡を消したい、大人ニキビがなかなか完治しないという人は、ニキビ治療での改善を視野に入れてみてはどうでしょうか。

レーザー治療

レーザー治療は、皮膚表面のバクテリアを減少させ、毛穴奥深くの毛包内を殺菌し消毒する効果があります。その効果によって、ニキビの元になる原因(菌など)を減らすことができるのです。また、新しいニキビの進行を防ぎ、ニキビ跡にも効果がある治療方法となっています。

レーザーは高温で照射されるので、一時的な肌の赤みやほてりがでますが、治療後は冷やしてもらえるので帰宅する頃には、ほとんど治まっているでしょう。まだほてりがありそうな場合は、家でよく冷やしてください。

また治療後は肌が乾燥しやすい状態や、日焼けしやすい状態になっているので、日焼け対策や帰宅後は保湿して肌を守りましょう。

ケミカルピーリング

ケミオカルピーリングはニキビ、ニキビ跡だけでなくしみ、しわ、毛穴にも効果がある治療です。レーザーなどの特殊な機械を使う治療ではなく、顔にフルーツ酸の一種を塗布し、角質や皮脂汚れを落として、肌を綺麗にしていきます。

古い角質などを取り除くので、ニキビができにくくなるため予防にもなるのです。

正しいスキンケアでニキビ予防

ニキビの予防方法

正しいスキンケアはできていますか?クリニックで綺麗になった肌を維持していくためには、正しいスキンケアが大事です。正しいスキンケアについて全然知らなかったという人は、ぜひこれを機に覚えてください!

洗顔料はしっかり泡立てて優しく洗う

よくやってしまう洗顔は、ある程度泡を立て、そのままゴシゴシと肌を擦って洗ってしまうことではありませんか?こすり洗いは肌へ負担になり、必要な油分、角質もなくなってしまいます。

洗顔料を泡立てたら、そのまま力を入れず肌を撫でるように洗うのがポイントです。洗っている気がしないかもしれませんが、肌に負担をかけずそして、必要な油分と角質を残すための洗い方でもあるので、くれぐれも強く洗いすぎないように注意してください。

化粧水で乾燥肌を防止

男性の肌の水分保持力は、女性に比べて低いという特徴があります。つまり肌が乾燥しやすいのです。乾燥肌は大人ニキビの原因の1つ。よって、化粧水での水分補給がかかせません。

洗顔後は毛穴が開いているので、手のひらに化粧水を出して伸ばし、顔全体に肌の奥まで化粧水を染み込ませましょう。ゆっくりと手を顔に押し付けてるように化粧水を染み込ませてください。この時、パンパンと顔を叩くように化粧水をつけないように注意!

乳液でうるおいをキープ

化粧水をつけたら終わり!ではありません。そのままにしていると、せっかく化粧水で補給した水分が蒸発してしまいます。それを防ぐために、保湿の役割がある乳液でうるおいを閉じ込めるのです。

使うタイミングは、化粧水が少し乾いた時に乳液を塗るのがいいですね。すぐに塗ってしまうと化粧水と混ざってしまうので効果が発揮されなくなります。

スキンケアまとめ
  • 肌を撫でるように洗顔する
  • 化粧水で肌の水分補給。乾燥肌の防止
  • 乳液で保湿、うるおいを閉じ込めてキープ

新しいニキビができないように、日々スキンケアで清潔な肌を維持しましょう!

このコラムを書いた人

Mr.MENS

美容コラムだけでなく、色々な情報も発信していきます。宜しくお願いします。

©2019 トビモア